トップ>イベント情報>  各種イベント

各種イベント

令和元年度

図書館探検ツアー

図書館探検ツアーチラシ
チラシ[PDF]

図書館の裏側をめぐる「図書館探検ツアー」を開催します。
約100万冊が収まっている書庫をはじめ、図書館の本を選ぶ選書室や、古地図など貴重資料がある部屋をご案内します。
普段見ることのできない図書館の裏側をご覧いただけるツアーです。
ぜひ、ご参加ください。


開催日時

令和元年9月28日(土)15:30〜16:30

開催場所

岐阜県図書館 2階 多目的小ホール

対象 一般(中学生以上)
定員 先着15名(事前申込み必要)
参加費 無料
申込開始 令和元年8月30日(金)〜 定員になり次第、締切とします。
申込方法 下記のいずれかの方法でお申し込みください。
[1]専用メールフォーム
[2]電話 058-275-5111
(岐阜県図書館・企画課まで開館時間中にお電話ください。)
[3]岐阜県図書館 1階・第1カウンターに備え付けの申込用紙に記入の上、第1カウンターにご提出ください。
開館時間 火〜金曜日:10時〜20時、土日祝日:10時〜18時
申込期間中の休館日 8月30日(金)、9月2日(月)、9日(月)、
9月17日(火)、24日(火)、27日(金)

問い合わせ先

岐阜県図書館企画課企画振興係
TEL:058-275-5111
FAX:058-275-5115

アーティスト・イン・ミュージアム 宮田篤+笹萌恵 Meets 岐阜県図書館

チラシ
チラシ[PDF]

企画展示室Uを会場に、アーティストの宮田篤さん、笹萌恵さんが公開制作やワークショップを通して、来場者の皆様と一緒に作品を作り上げます。


公開制作
  • 展覧会期:令和元年8月6日(日)〜8月25日(火)
  • 開館時間:10:00〜18:00
  • 休館日:月曜日(祝日の場合はその翌平日)

作品展示
  • 展覧会期:令和元年9月1日(日)〜9月23日(月・祝)
  • 開館時間:10:00〜18:00
  • 休館日:月曜日(祝日の場合はその翌平日)

Such Such Suchキャラバン! in 岐阜県図書館

完成作品を展示中の「アーティスト・イン・ミュージアム 宮田篤+笹萌恵 Meets 岐阜県図書館」に、鑑賞プログラム「Such Such Suchキャラバン!」が登場します。
宮田篤さん、笹萌恵さんの作品を、《Such Such Such》を通して「自分が感じていること」に注目して鑑賞します。 ぜひ体験してみてください。

  • 開催日:令和元年9月14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)
  • 時間:10:00〜17:00
  • 場所:岐阜県図書館
  • 対象:どなたでも(小学校4年生以下は保護者同伴)
  • 参加費:無料

ナンヤローネワークショップ「やってみよう!微分帖」

「アーティスト・イン・ミュージアム 宮田篤+笹萌恵 Meets 岐阜県図書館」の関連イベントとしまして、招へい作家の宮田篤さん、笹萌恵さんと一緒に、ことばのすきまがどんどんふえるあそび「微分帖」を体験するワークショップを開催します。

  • 開催日:令和元年9月21日(土)
  • 時間:10:00〜12:00、13:00〜15:00
  • 受付:10:00〜11:30、13:00〜14:30
  • 場所:岐阜県図書館 2階 企画展示室U
  • 対象:どなたでも(小学校4年生以下は保護者同伴)
  • 参加費:無料
  • 申込み:事前申し込み不要、時間内随時受付

主催等
  • 主催:岐阜県美術館
  • 共催:岐阜県図書館
  • 後援:岐阜県教育委員会、岐阜市教育委員会

岐阜県美術館ウェブサイト

アーティスト・イン・ミュージアム 宮田篤+笹萌恵 Meets 岐阜県図書館


問い合わせ先

岐阜県美術館 教育普及担当
〒500-8368 岐阜市宇佐4-1-22
TEL:058-271-1313

人形劇Kolibri劇団来日公演
キップコップとティップトップ

チラシ
チラシ[PDF]

マレーク・ベロニカの絵本「キップコップとティップトップ」を、ハンガリーの「コリブリ劇団」が人形劇として上演します。あわせて絵本「ラチとライオン」など、マレーク・ベロニカの絵本も展示します。
夏休みのひとときを、お子さんと一緒に図書館でおすごしください。


概要
  • 日時:令和元年8月24日(土)10:30〜11:10(開場10:00)
  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 対象:3歳から6歳くらい
  • 定員:お子さんと保護者の方30組
       (事前申込制、先着順。※定員に達し次第、締切)
  • 参加費:無料

※本公演は、日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念事業として駐日ハンガリー大使館が企画し、国内数か所で開催されます。(山形県遊佐町、長野県千曲市等)

日本・ハンガリー外交関係開設150周年イベントスケジュール(外部リンク)

※人形劇は日本語で上演されます。
※演出の都合上、会場内の照明を消灯します。

問い合わせ先

岐阜県図書館 企画課企画振興係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

鹿児島県との連携・交流事業
「岐阜と薩摩の絆」パネル展U及び記念講演

「岐阜と薩摩の絆」パネル展U及び記念講演チラシ

チラシ[PDF]

岐阜県図書館では、鹿児島県との連携・交流事業として、関ケ原合戦に参戦した島津義弘に関する資料や、現在、鹿児島県で進められている鶴丸城御楼門復元工事において、木工事を担当する亀山建設(岐阜県関市)での材料加工の様子などをパネルで紹介するとともに、両県をつなぐ歴史や交流の取り組みを紹介します。
また、会期初日には、鹿児島県立図書館長・志學館大学教授の原口泉氏による記念講演会も開催します。

企画展示
  • 期間:令和元年9月15日(日)〜10月20日(日)
    ※休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)、9月27日(金)(図書整理日)
  • 時間:平日 10時〜20時、土日祝日 10時〜18時
  • 場所:岐阜県図書館 1階 楽書交流サロン
  • 参加料:無料
  • 対象:一般
記念講演
  • 日時:令和元年9月15日(日)13時30分〜15時(13時開場)
  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 講師:原口泉氏(鹿児島県立図書館長・志學館大学教授)
  • 演題:岐阜と薩摩の絆 〜島津義弘、薩摩義士・西郷隆盛〜
  • 参加料:無料
  • 対象:一般
  • 定員:先着300名(事前申込必要)
申込方法

下記の方法でお申し込みください。※受付開始 8月1日(木)

  1. ホームページ専用申込フォーム
  2. 電話:058-275-5111 岐阜県図書館 企画課 企画振興係 (開館中に)
    (1)氏名(代表者の方)、(2)応募人数、(3)電話番号(代表者の方)をお知らせください。
  3. 岐阜県図書館 1階 第1カウンター(開館中に)
報道発表

報道発表|岐阜県

問い合わせ先

岐阜県図書館企画課企画振興係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

夏休み中学生向け講座「がんと医療」

チラシ
チラシ[PDF]

岐阜県図書館では、がんをむやみに怖がらず、誤解や偏見をなくすために、がんについて知り、調べ、伝える中学生向け講座「がんと医療」を開催します。ぜひご参加ください。


概要
日時 内容
1 8月1日(木)10:00〜16:30 「がん」と医師・看護師・薬剤師などの仕事を知ろう
午前は図書館で「がん」について基礎的内容を学習し、午後は岐阜大学医学部附属病院に出かけます。
2 8月7日(水)10:00〜15:00 「がん」について調べ発表作品を創ろう
自分が調べたいテーマについて、図書館資料などを使って調べ、まとめます。
3 8月23日(金)10:00〜15:00 「がん」について学んだことをお互いに伝え合おう
これまでに調べてまとめたことを発表します。

  • 場所:岐阜県図書館 2階 研修室
  • 対象:中学生(全3回参加できる方)
  • 定員:先着40名程度
  • 参加費:無料
  • 申込期間:令和元年6月14日(金)〜7月24日(水)(定員になり次第、締め切りとします)

申込方法※受付は終了しました

次のいずれかでお申込みください。

[1]専用メールフォーム

[2]電話 058-275-5111 岐阜県図書館・企画課まで開館時間中にお電話ください。
[3]岐阜県図書館 1階・第1カウンターに備え付けの申込用紙に記入の上、第1カウンターにご提出ください。

  • 休館日:6月17日(月)、7月8日(月)、16日(火)、22日(月)、26日(金)、29日(月)
    ※メールでのお申し込みは、可能
  • 臨時休館:6月20日(木)〜7月5日(金)
    ※電話・メールでのお申し込みは、可能

報道発表

報道発表|岐阜県


問い合わせ先

岐阜県図書館 企画課企画振興係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

北川悦吏子トークショー 「まだまだ、青い。〜言葉がうまれる風景〜」
イベントレポート

令和元年7月7日、株式会社岐阜放送との共催で「北川悦吏子トークショー」を開催しました。

北川悦吏子トークショー開催写真1

7月7日は七夕、岐阜県図書館の新館開館日、そして、昨年のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の主人公である鈴愛と律の誕生日です。この記念日に、「半分、青い。」の脚本家であり、岐阜県出身の北川悦吏子さんをお招きし、ふるさと岐阜での思い出や、現在の創作活動についてお話を伺いました。

岐阜での思い出

木曽川の風景や美濃太田での盆踊りの記憶、通っていた高校の近くにある公園など、ふるさとでの思い出について語っていただきました。また、ドラマ「半分、青い。」で主人公の故郷のモデルとなった岐阜県恵那市岩村の商店街の現在の映像を交えながら、地元の人たちにも愛された、この作品についてふり返っていただきました。

数々の大ヒットドラマの創作について

たくさんのドラマの脚本を書かれた北川さん。参加者の中にも、北川さんのドラマとともに人生を歩んできた人も多いことでしょう。登場人物のセリフやしぐさなど、心に響く数々の名シーンが生み出された背景についてもお話いただきました。

ハンディキャップのある人を描くこと

「ビューティフルライフ」や「半分、青い。」など、ハンディキャップのある人をドラマで描くことで、それが特別なことと思わない世の中になるようにという思いがあるということ、朝ドラは特にそうした意味で効果的で影響力があると考えたことなど、ご自身の体験にも基づく貴重なお話をいただきました。

北川悦吏子トークショー開催写真2

トークショーでは、司会の東千晴アナウンサー(岐阜放送)との軽快なトークで、北川さんの朗らかで気さくな人柄が伝わり、多くの人の心をとらえるドラマや映画、著書を生み出す瑞々しい感性に触れることができました。

関連図書展示

トークショーに関連して、北川悦吏子さんの著作など関連図書を展示しました。

展示リスト

北川悦吏子トークショー関連図書展示

名産品の販売

ドラマ「半分、青い。」に関連した食べ物や飲み物などの土産品の販売を行いました。

北川悦吏子トークショー名産品の販売


北川悦吏子トークショー
「まだまだ、青い。〜言葉がうまれる風景〜」

チラシ
チラシ[PDF]

岐阜県出身の脚本家 北川悦吏子さんをお招きし、故郷や作品への想いなどをお話いただくトークショーを岐阜放送と共催で行います。
開催日の7月7日は、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主人公 鈴愛と律の誕生日であり、岐阜県図書館の新館の開館記念日でもあります。皆様、ぜひご参加ください。


概要
  • 日時:令和元年7月7日(日)14:00〜15:00(13:30開場)
  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 出演者:北川悦吏子氏(脚本家・映画監督・岐阜県出身)
        司会 ぎふチャン 東千晴アナウンサー
  • 対象:一般
  • 定員:300名(要申込)※申込多数の場合は抽選となります。
  • 参加費:無料
  • 申込受付:令和元年5月15日(水)〜6月7日(金)
    ※6月21日(金)頃、参加可否の結果を送付いたします。

申込方法※受付は終了しました

次のいずれかでお申込みください。

[1]専用メールフォーム
[2]往復はがき(詳しくはチラシをご覧ください。)


報道発表

報道発表|岐阜県


問い合わせ先

岐阜県図書館 企画課企画振興係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

ワークショップ「甲冑を学ぼう」開催報告

ワークショップ「甲冑を学ぼう」写真1

令和元年6月9日(日)、岐阜県博物館・図書館連携企画展「岐阜の山城調査−フィールドワークの魅力−」に合わせ、小中学生の皆さんに、戦国時代に武将たちが身に着けていた兜や鎧について知ってもらうワークショップを開催しました。

関ケ原古戦場整備推進課の学芸員・鵜飼裕紀さんを講師に、甲冑の役割や歴史についてお話しいただくと共に、関ケ原観光協会の吉田有子さんに着付けの実演をしていただきました。

甲冑は、馬に乗って弓矢や太刀、なぎなたで戦っていたころと馬からおりて、槍や刀、鉄砲で戦っていたころとでは、形や機能が変化していること、かぶとの形や色も武将のこだわりがあることなどを学びました。
その後、甲冑の着付け実演をしてもらい、何をどのように身に着けていったかを間近で見せてもらいました。

ワークショップ「甲冑を学ぼう」写真2

ワークショップ「甲冑を学ぼう」写真3

【参加者から寄せられた感想】
  • こんなにたくさんの甲冑の種類があるのは知らなかった。甲冑の体験をすることができて、うれしくてドキドキしました。
  • 甲冑の歴史がこんなにあるなんて、はじめて知りました。
  • 私は、甲冑を着るときにひもなどを結ばずに着るだけだと思っていたけど、今日お話を聞いて、たくさんひもを結んで着ていたからびっくりしました。
【甲冑着付け体験20名】

ワークショップ「甲冑を学ぼう」写真4

ワークショップ「甲冑を学ぼう」写真5

ワークショップ「甲冑を学ぼう」

チラシ
チラシ[PDF]

岐阜県図書館では、岐阜県博物館との連携企画展「岐阜の山城調査−フィールドワークの魅力−」の関連事業として、甲冑について学ぶことができるワークショップを開催します。ぜひご参加ください。


概要
  • 日時:令和元年6月9日(日)14:00〜15:30
  • 場所:岐阜県図書館 2階 研修室
  • 講師:岐阜県関ケ原古戦場整備推進課 学芸員 鵜飼裕紀(ゆき)
  • 対象:小学生親子・中学生
  • 定員:60名(事前申込制、先着順。※定員に達し次第、締切)
  • 参加費:無料
内容
  • 甲冑の着付け実演に合わせて、機能や装飾の工夫を分かりやすく解説
  • 甲冑着付け体験(解説終了後・希望者10名)

申込方法※受付は終了しました

[1]専用メールフォーム
[2]電話 058-275-5111 ※岐阜県図書館・企画課まで開館時間中にお電話ください。
[3]岐阜県図書館1階第1カウンターに備え付けの申込用紙に記入の上、第1カウンターにご提出ください。

申込期間

令和元年5月14日(火)〜定員に達し次第、締切

甲冑展示

徳川家康・黒田長政の甲冑2領を展示するとともに、徳川・黒田を含む関ケ原の戦いで活躍した七武将を紹介します。

  • 展示日程:令和元年5月28日(火)〜6月9日(日)10:00〜20:00(土日は18:00まで)
  • 場所:岐阜県図書館 1階ロビー
  • 協力:関ケ原古戦場整備推進課
その他

詳細は別添チラシをご覧ください。


報道発表

報道発表|岐阜県


問い合わせ先

岐阜県図書館 企画課企画振興係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

弁護士なんでも相談会

チラシ
チラシ[PDF]

岐阜県図書館では、弁護士なんでも相談会を開催します。図書館の資料だけでは解決が難しい法律上の問題について、岐阜県弁護士会の弁護士に無料で相談することができます。お困りごとがありましたら、この機会にぜひご相談ください。


概要
日時:奇数月の第2日曜日
  • 2019年5月12日(日)
  • 2019年7月14日(日)
  • 2019年9月8日(日)
  • 2019年11月10日(日)
  • 2020年1月12日(日)
  • 2020年3月8日(日)
  1. 13:00〜13:30
  2. 13:30〜14:00
  3. 14:00〜14:30
  4. 14:30〜15:00
  • 場所:岐阜県図書館 2階閲覧室内 研究室
  • 対象:どなたでも可
  • 相談内容:遺言・相続、借金、交通事故、その他法律に関すること全般
  • 参加:無料。1組30分まで
申込方法

希望する日にちと時間帯(1〜4)をお選びいただき、電話にてお申し込みください。
電話 058-275-5111(受付時間は開館日の10時〜18時)※先着順


報道発表

報道発表|岐阜県


問い合わせ先

岐阜県図書館 企画課資料係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

第10回小島信夫文学賞授賞式・講演会

チラシ
チラシ[PDF]

「小島信夫文学賞」は、岐阜市出身の作家・小島信夫の文学活動を顕彰して創設された新人文学賞です。その第10回授賞式・講演会を、小島信夫文学賞の会と共催で開催します。また、関連して、小島信夫展も開催します。


授賞式・講演会
  • 日時:2019年6月2日(日)13:00〜15:30(12:30開場)
  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 対象:一般
  • 定員:先着250名(要事前申込)
  • 参加費:無料
内容
  1. ウェルカムコンサート
    • 演奏:濱島秀行氏(ヴァイオリニスト)
  2. 授賞式
  3. 対談講演会
    • 出演:堀江敏幸氏(作家・フランス文学者)、清水良典氏(文芸評論家)
    • テーマ:「いま、小島信夫を読む」
申込方法※受付は終了しました

3月20日(水)より受付開始。定員に達し次第締め切ります。
次のいずれかでお申込みください。

[1]専用メールフォーム
[2]電話 058-275-5111 ※開館中の18時までに
[3]岐阜県図書館1階 第1カウンター ※開館中に


対談講演会の出演者である堀江敏幸氏と清水良典氏の書籍販売とサイン会を行います。

書籍販売
  • 日時:2019年6月2日(日)12:00〜13:00、15:30〜16:00
  • 場所:岐阜県図書館1階 ロビー
  • 内容:小島信夫文学賞授賞式・講演会に関連して、小島信夫氏・堀江敏幸氏・清水良典氏の著作を販売します。
サイン会
  • 日時:2019年6月2日(日)15:35〜15:55頃
  • 場所:岐阜県図書館1階 ロビー
  • ご希望の方は当日書籍販売コーナーで書籍をご購入のうえ、ご参加ください。
    書籍を購入された時にサイン会の整理券を配布します。
  • 堀江氏、清水氏それぞれ先着30名様(おひとり様につき1冊)までの受付となります。

小島信夫展

授賞式・講演会に関連して、小島信夫氏の作品やゆかりの写真などを展示紹介します。

  • 会期:2019年6月2日(日)〜19日(水)
  • 場所:岐阜県図書館 1階 企画展示室

報道発表

報道発表|岐阜県


問い合わせ先

岐阜県図書館 企画課企画振興係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

子ども読書フェア

子ども読書フェアチラシ
チラシ[PDF]

4月23日の「子ども読書の日」から始まる「こどもの読書週間」(4月23日〜5月12日)に合わせて、子ども向けの読書活動を推進するイベントを開催するほか、関連する展示を行います。
詳しくはチラシをご覧ください。


イベント名 内容 日時・場所
1 なつかシネマ「初恋のきた道」 対象:中学生〜一般 先着90名 申込不要 4月21日(日)
13:30〜15:30
2階多目的小ホール
2 朗読会「てぶくろをかいに」「万里走る車」 フリーアナウンサー・前田幸子さん
対象:幼児〜一般 70名 事前申込制・先着順
4月27日(土)
10:30〜11:30
2階多目的小ホール
3 お父さんお母さんのための読み聞かせ講座 対象:これからお子さんと一緒に絵本を楽しみたい方
先着20組ほど(お子さん同伴・大人の方のみどちらでも可)申込不要
4月28日(日)
11:00〜11:30
1階おはなし室
4 図書館探検ツアー 対象:小学生(保護者同伴可) 30名 事前申込制・先着順 4月28日(日)
14:00〜15:30
集合:2階多目的小ホール
5 「平成の歩みと文学を振り返る」展示 平成という時代と文学の概説、平成に活躍した岐阜県ゆかりの作家や岐阜県を舞台にした文学作品等を紹介する展示 4月5日(金)〜5月26日(日)
10:00〜閉館時間
1階企画展示室
記念講演会〈平成の岐阜〉というコスモス〜岐阜ゆかりの作家と作品〜 講師:林正子氏(岐阜大学副学長・地域科学部教授)
定員:当日先着60名 申込不要
4月29日(月・祝)
14:00〜15:30
2階研修室
6 朗読団体発表会「朗読のいずみ」 対象:幼児〜一般 先着300名 申込不要
共催:朗読のいずみ よつ葉のクローバー
4月27日(土)
13:00〜15:30
1階多目的ホール
7 新聞切り抜き作品
(共催:中日新聞NIE事務局)
(1)新聞切り抜き作品コンクール優秀作品展示

平成30年度優秀作品展示
4月23日(火)〜5月12日(日)
10:00〜閉館時間
1階楽書交流サロン
(2)特別講座「新聞切り抜き作品作り方教室」

対象:小学生(保護者の同伴必要)〜中学生
17組 事前申込制・先着順
4月28日(日)
10:00〜13:00
2階研修室
(3)特別講座「楽しみながら学べる新聞活用教室」

対象:小学生(保護者の同伴必要)〜中学生
25組 事前申込制・先着順
5月11日(土)
10:00〜12:00
2階研修室
8 博物館・図書館連携展示「岐阜の山城調査 −フィールドワークの魅力−」 平成8年度から16年度にかけて岐阜県教育委員会が行った「岐阜県中世城館跡総合調査」などの成果や城郭絵図などを紹介しながら、山城調査の意義や魅力を紹介する展示 4月27日(土)〜6月19日(水)
10:00〜18:00
2階企画展示室U
子ども読書の日とは

2001年12月に「子どもの読書活動推進法」が公布・施行され、国と自治体には子どもの読書推進に関する施策の策定・実施の責務を有することが明記されました。その「子どもの読書活動推進法」により、4月23日が「子ども読書の日」と定められました。

こどもの読書週間とは

子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所をとの願いから、1959年(昭和34年)に誕生しました。子どもの読書への関心の高まりを受けて、「子ども読書年」である2000年より現在の4月23日(世界本の日・子ども読書の日)〜5月12日に期間が延長されました。開始当時より、図書館・書店・学校を中心に、子どもたちに本を手渡すさまざまな行事が行われています。


報道発表

報道発表|岐阜県


問い合わせ先

岐阜県図書館企画課
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

SNS