トップ>イベント情報>  名誉館長・紺野美沙子さんの活動

名誉館長・紺野美沙子さんの活動

平成30年度

<紺野美沙子名誉館長トークイベント>
角野栄子氏講演会「キキの魔法」イベントレポート

2019年2月9日岐阜県図書館において、名誉館長である紺野美沙子さんのトークイベントを開催しました。今回は、『魔女の宅急便』の作者で、2018年国際アンデルセン賞を受賞された角野栄子さんをお招きしました。

<紺野美沙子名誉館長トークイベント>角野栄子氏講演会「キキの魔法」写真1


第一部:基調講演「キキの魔法」 講師:角野栄子氏(児童文学作家)

基調講演では、「キキの魔法」と題して、ご自身の創作活動や、一人ひとりが持っている「魔法」、そして読書の力についてお話いただきました。

<紺野美沙子名誉館長トークイベント>角野栄子氏講演会「キキの魔法」写真2

角野さんは、1959年に移民としてブラジルへ渡り、そこで2年間を過ごしました。その経験をもとに生まれたのがデビュー作『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)です。それ以降、次の作品ができるまでの7年間、文章を書き続けられました。書くたびに新しい発見があり、やがて「書くこと」は角野さんにとっての宝となっていきました。
映画にもなった作品『魔女の宅急便』(福音館書店)は小さな魔女が主人公です。魔法でなんでもできてしまうというのはうそっぽい、「魔法は一つ」と決めていたそうです。「魔法が一つなら、できないことの乗り越え方を深く考えることができるでしょう」と角野さんは語ります。「魔法はだれでも一つ持っています。」角野さんにとっては「書くこと」が魔法でした。「「好きなこと」=「書くこと」を続けていたら自分の生きる力になっていきました。好きなものを続けていくとそれはその人にとっての宝になるのです。」
たくさんの作品を生み出している角野さん。子どもやそのまわりにいる大人たちへのメッセージは・・・「言葉は一人ひとりのもの。自分の言葉で読む、語れるようになってほしい。まず大人が読書をしてほしいですね。大人が読んでいる姿を見ると、子どもも読んでみようと思います。一冊の本を最初から最後まで読めたときの満足感をたくさん経験してほしい。ページとページの間に想像力がつまっている、そんな読み方をしてほしいです。」


第二部:トークセッション 出演:角野栄子氏・紺野美沙子氏

第二部は紺野美沙子さんと角野栄子さんとの対談でした。
紺野さんの進行で、角野さんのライフスタイルから作品まで楽しいお話をしていただきました。
その中から少しご紹介します。

<紺野美沙子名誉館長トークイベント>角野栄子氏講演会「キキの魔法」写真3

好きなことを続けること

紺野さん:基調講演でお話しいただきました「好きなことを続ける」ということについて、私もそのように感じることがあります。例えば、毎日舞台に立っていても、常に新しい発見があります。演じ方やセリフに込められた意味など。
角野さん:同じことのような中に新しい発見があります。続けることでその奥にある面白さがわかるのですね。

子どもの読書について

紺野さん:本好きの子どもになってくれるにはどうしたらいいのかな、本を読むといい子になるかしら、と考える親は多いと思います。
角野さん:本を読むと心がいきいきとした子になると思います。子どもがおもしろいと感じる本は、大人が考える良い本とは限りません。
紺野さん:図書館の役割も大きいですね。
角野さん:おもしろい本に出会う経験や最後まで本を読んだという満足感をたくさん得られるといいですね。読書で見えない世界を想像する、それは「心が動く」ということ。子どもに感想を聞いてはだめ。面白ければ子どもは自分から言ってきますよ。待つことも大事です。

若い世代へ

紺野さん:最後に、若い世代へ向けてのメッセージをいだだけますか。
角野さん:自分の言葉で自分のことを語れる人になってほしいです。
紺野さん:心は瑞々しく、若々しく、「永遠の18歳」を合言葉に、ですね。

<紺野美沙子名誉館長トークイベント>角野栄子氏講演会「キキの魔法」写真4

『角野栄子のちいさなどうわたち』第2巻(ポプラ社)から「おかしなうそつきやさん」を朗読していただきました。


関連図書展示

児童コーナーに角野栄子さんの作品を紹介するコーナーを設置しました。たくさんの方が本を手に取っていました。

<紺野美沙子名誉館長トークイベント>角野栄子氏講演会「キキの魔法」写真5


<紺野美沙子名誉館長トークイベント>
角野栄子氏講演会「キキの魔法」

<紺野美沙子名誉館長トークイベント>角野栄子氏講演会「キキの魔法」 

チラシ[PDF]

映画にもなった児童文学作品「魔女の宅急便」の作者である角野栄子さんの講演会と、当館名誉館長 紺野美沙子さんと角野さんのトークショーを開催します。
ぜひ、ご参加ください。

  • 日時:平成31年2月9日(土)14:00〜15:40(13:30開場)
  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 出演:
    • 紺野美沙子氏(岐阜県図書館名誉館長)
    • 角野栄子氏(児童文学作家)
  • 内容:第1部 基調講演
    • 講師:角野栄子氏
    • 演題:キキの魔法
  • 第2部 トークセッション
    • 出演者:角野栄子氏、紺野美沙子氏
    • テーマ:子どもの本の創作・読み方、その他ライフスタイルについて
  • 対象:子どもから大人まで
  • 定員:300名(要申込)※申込多数の場合は抽選となります。
  • 参加費:無料
  • 申込受付:平成30年12月12日(水)〜平成31年1月11日(金)
  • 申込方法:※受付は終了しました
    [1]専用メールフォーム
    [2]往復はがき(詳しくはチラシをご覧ください。)
報道発表

報道発表|岐阜県

問い合わせ先

岐阜県図書館企画課企画振興係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

岐阜県図書館名誉館長 紺野美沙子さん朗読会

紺野美沙子さん朗読会チラシ

チラシ[PDF]

当館名誉館長である、女優の紺野美沙子さんによる朗読会を開催します。「ベルベットのうさぎ」の朗読を、音楽と影絵とともにお楽しみください。
また、同日午前中には、子ども向けの影絵ワークショップを行います。こちらも是非ご参加ください。

朗読会
  • 日時:平成30年11月3日(土・祝)14:00〜15:00(13:30開場)

当日はイベント開催のため駐車場の混雑が予想されます。公共交通機関及びシャトルバスをご利用いただくとともに、時間の余裕をもってご来場いただきますようお願いいたします。

  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 演目:「ベルベットのうさぎ」

    (マージェリィ・ウィリアムズ原作「ベルベッティーンラビット」)

  • 出演:
    • 紺野美沙子氏(朗読)
    • 高瀬“makoring”麻里子氏(うた)
    • ジャック・リー・ランダル氏(影絵)
    • 広田郁世氏(影絵)
  • 対象:一般
  • 募集人数:50名(要申込)
  • 参加費:無料
  • 再募集受付:10月6日(土)から開始。定員に達し次第締め切ります。
  • 申込方法:※受付は終了しました
    [1]専用メールフォーム
    [2]電話 058-275-5111(岐阜県図書館企画課企画振興係) ※開館中に
    [3]図書館 1階 第1カウンターにて ※開館中に

※お申込みはお一人様1回まで、1回につき2名まで応募できます。

影絵のワークショップ
  • 日時:平成30年11月3日(土・祝)10:30〜11:30
  • 場所:岐阜県図書館 2階 特別会議室
  • 内容:影絵の作成と操作体験

    朗読会の出演者であるジャック・リー・ランダルさんと広田郁世さんによる子ども向けのワークショップです。オブザーバーとして、紺野美沙子名誉館長も登場します。影絵の工作と操作体験を親子でお楽しみください。

  • 対象:小学生〜中学生 ※小学校低学年は保護者同伴のこと。
  • 定員:先着30名(事前申込必要)
  • 参加費:無料
  • 申込受付:9月11日(火)から開始(定員に達し次第、締め切り)
  • 申込方法:※受付は終了しました
    [1]電話 058-275-5111(岐阜県図書館企画課企画振興係)
    [2]岐阜県図書館 1階 第1カウンター
報道発表

報道発表|岐阜県(10月5日発表)

報道発表|岐阜県(9月11日発表)

問い合わせ先

岐阜県図書館企画課企画振興係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

平成29年度

尾木ママ&紺野美沙子名誉館長トークショー
子育て世代に贈る 図書館で考える 教育・子育ての希望 ※終了しました

紺野美沙子岐阜県図書館名誉館長と尾木直樹氏による子育てに関するトークショーを開催します。
ぜひご参加ください。


  • 日時:平成30年2月3日(土) 14:00〜15:40(13:30開場)
  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 出演者:紺野美沙子氏(岐阜県図書館名誉館長)
         尾木直樹氏(教育評論家・法政大学特任教授)
  • 内容:第1部 基調講演
         ・講師:尾木直樹氏
         ・テーマ:尾木ママ流共感子育て
        第2部 トークセッション
         ・出演者:尾木直樹氏、紺野美沙子氏
         ・テーマ:図書館で考える 教育・子育ての希望
  • 対象者:子育て中の方もしくは子育てに関心のある方
  • 定員:300名
  • 参加費:無料 ※要申込
  • 申込方法:次のいずれかでお申し込みください。※受付は終了しました
    [1]専用メールフォーム
    [2]岐阜県図書館1階 第1カウンター
  • 受付期間:1月10日(水)10時から(定員に達し次第、締め切りとなります)
【質問事項募集】
トークセッションで、尾木直樹氏、紺野美沙子氏に聞いてみたい教育・子育てに関する質問を事前募集します。メールフォーム、または申込用紙の質問欄に必ず記入してください。

【お子様の参加について】
赤ちゃん〜就学前の小さなお子様も入場可能です。是非親子一緒にご参加ください。
問い合わせ先

岐阜県図書館企画課リニューアル推進係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

岐阜県図書館名誉館長 紺野美沙子さん朗読会 ※終了しました

女優、紺野美沙子さんによる朗読会を開催します。
朗読と二十五絃箏の生演奏のコラボレーションにより表現される、源氏物語の世界をお楽しみください。


  • 日時:平成29年11月3日(金・祝)
    14:00〜15:15(13:30開場)

当日はイベント開催のため駐車場の混雑が予想されます。公共交通機関及びシャトルバスをご利用いただくとともに、時間の余裕をもってご来場いただきますようお願いいたします。

  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 演目:「源氏物語 〜紫のゆかりの物語〜」
    『正訳 源氏物語 本文対照』中野幸一(訳)より
    演出:篠田伸二氏
    共演:中井智弥氏(二十五絃箏)
  • 対象:一般
  • 定員:先着300名(要申込)
  • 参加費:無料
  • 申込受付:10月3日(火)より(定員になり次第、締め切り)
  • 申込方法: 申込は終了しました。ありがとうございました。
    [1]専用メールフォーム
    [2]電話 058-275-5111(岐阜県図書館企画課)
    [3]岐阜県図書館1階 第1カウンター
問い合わせ先

岐阜県図書館企画課
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

平成28年度

岐阜県図書館名誉館長 紺野美沙子さん講演会 ※終了しました

チラシ

当館名誉館長、紺野美沙子さんによる講演会を開催します。ぜひご参加ください。


  • 日時:平成29年3月18日(土) 14:00〜15:30(13:30開場)
  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 参加費:無料 ※要申込
  • 定員:300名
  • 申込方法: 申込は終了しました。ありがとうございました。
    [1]専用メールフォーム
    [2]電話 058-275-5111(サービス課調査相談係)
    [3]岐阜県図書館1階 第1カウンター
  • 受付期間:2月16日(木)から(定員に達し次第、締め切りとなります)

演題「国連開発計画(UNDP)親善大使として、見たこと、感じたこと」

ある日突然届いた1通のFAX。それは「年収1ドルで親善大使になってください」という国連開発計画(UNDP)のニューヨーク本部からの依頼でした。あれから19年、10の国と地域を訪問し、親善大使としての活動を行う中で見たこと、感じたことをお話いたします。


国連開発計画(UNDP)の概要

国連開発計画(UNDP)は1966年に発足しました。現在、各国政府、国連機関、非政府組織、企業などと協力しながら、177の国・地域でプロジェクトを実施しており、各国の人々と、グローバルな課題や国内の課題に対し、それぞれの国に合った解決策が見出せるよう取り組んでいます。


問い合わせ先

岐阜県図書館サービス課調査相談係
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

岐阜県図書館名誉館長 紺野美沙子さん朗読会 ※終了しました

チラシ

女優、紺野美沙子さんによる朗読会を開催します。
幼児から一般の方を対象としています。
ぜひ親子でご参加ください。


  • 日時:平成28年11月3日(祝・木) 14:00〜15:15(13:30開場)

当日はイベント開催のため駐車場の混雑が予想されます。公共交通機関またはシャトルバスをご利用いただくとともに、時間の余裕をもってご来場いただきますようお願いいたします。
*シャトルバスは、岐阜県庁前バス停と会場を、9時30分から16時30分までの間、15〜20分間隔で運行します。

  • 場所:岐阜県図書館 1階 多目的ホール
  • 参加費:無料 ※要申込
  • 定員:300名(定員に達し次第、締め切りとなります)
  • 申込方法: 受付は終了しました。ありがとうございました。
    [1]専用メールフォーム
    [2]電話 058-275-5111(岐阜県図書館企画課)
    [3]岐阜県図書館1階 第1カウンター

演目「幸せの絵本」

共演:金柿秀幸さん(絵本ナビ代表)、中村由利子さん(ピアニスト)

読み聞かせに関するトークや絵本ガイドブック「幸せの絵本」シリーズ(金柿秀幸/編)の作品などの朗読をピアノ演奏とともにお贈りいたします。


「幸せの絵本」とは

「幸せの絵本」は、絵本選びが100倍楽しくなるサイト「絵本ナビ」から誕生した、新感覚絵本ガイドブックです。おとなもこどもも、さらにハッピーにしてくれる100冊が、フルカラーで紹介されています。(出版社からの内容紹介より)

その中から、読み聞かせにぴったりの作品が紹介されます。おうちに帰ってからも、親子で絵本選び・読み聞かせを楽しみ、幸せな時間をお過ごしください。


問い合わせ先

岐阜県図書館企画課
〒500-8368 岐阜市宇佐4-2-1
TEL:058-275-5111

平成27年度

紺野美沙子さん朗読会 ※終了しました。

 女優紺野美沙子さんによる朗読・トーク会を開催します。
 小学生とその保護者を対象とした朗読会ですが、どなたでもご参加いただけます。
 ぜひご参加ください。


日 時:平成28年1月24日(日)
    14:00〜15:30(13:30開場)

会 場:岐阜県図書館多目的ホール(1階)

定 員:300名 ※定員に達し次第、締め切りとなります。

申込期間:平成27年12月11日(金)から平成28年1月8日(金)まで

申 込:次の3つのうちのいずれかでお申込みください。
[1] 専用メールフォーム
[2] 電話 058-275-5111(10:00〜18:00)
[3] 岐阜県図書館1階 第1カウンター(開館中)

定員に達しましたので、受付は終了しました。ありがとうございました。

紺野美沙子さん朗読会

[PDF]

SNS