資料詳細

新名 一仁/編著 -- 戎光祥出版 -- 2014.2 -- 288.3

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 状態
一般1階 /288.3/ニ/ 8134440846 一般 館内有

資料詳細

書名 薩摩島津氏
シリーズ名 シリーズ・中世西国武士の研究
著者名 新名 一仁 /編著  
出版者 戎光祥出版
出版年 2014.2
ページ数 410p
大きさ 21cm
一般件名 島津氏
NDC分類(9版) 288.3
著者紹介 1971年生まれ。広島大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。宮崎市きよたけ歴史館学芸員、鹿児島大学非常勤講師。著書に「日向国山東河南の攻防」など。
内容紹介 室町・戦国期を通して薩摩・大隅・日向三か国守護職を相伝した薩摩島津氏について、中世後期(南北朝~戦国期)を対象に研究した論集。領国形成、権力構造分析、家督継承、領国外諸勢力との交流などに関する13本を収録。
ISBN 4-86403-103-5
ISBN13桁 978-4-86403-103-5

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
中世後期島津氏の研究状況 新名 一仁/著 6-65
島津氏における領国制形成の課題 郡山 良光/著 68-73
中世後期島津氏の権力構造 稲本 紀昭/著 74-115
戦国期島津氏の家臣団編成 山口 研一/著 116-135
中世の薩琉関係について 小山 博/著 136-164
一六世紀南九州の港津役人と島津氏 米澤 英昭/著 165-200
総州家島津忠朝について二、三の覚書 五味 克夫/著 202-214
南北朝・室町期における島津家被官酒匂氏について 五味 克夫/著 215-243
戦国期島津氏の家督相続と老中制 山口 研一/著 244-276
戦国大名島津氏の権力形成過程 大山 智美/著 277-304
島津義弘の本宗家家督相続について 西本 誠司/著 305-316
中世末期における近衛家と島津氏の交流 金井 静香/著 318-347
天正期島津氏の領国拡大と足利義昭の関係 伊集 守道/著 348-385
中近世移行期における島津氏の京都外交 岩川 拓夫/著 386-410