イベントその他
受付中

 第12回岐阜県がん情報センター県民公開講座・岐阜大学医学部附属病院肝疾患診療支援センター市民公開講座として、上記イベントを開催します。
 今年度は、女優・タレントの原千晶さんに、自身のがんの経験をもとに、がん検診の大切さや自分で自分の体を守ることについてご講演いただきます。
 また、原千晶さんと岐阜大学医学部附属病院の医師等によるトークセッションや「肝炎体操」が行われます。
 当日は、図書館1階閲覧室入口において、がんや肝疾患について(治療面、食事面など)の本の特集コーナーも設置します。
  岐阜県図書館で、がんや肝疾患について学びましょう。

 

「みんなで知りたい がん・肝(かん) のこと2024 」チラシ (pdf:2.6 MB)

「みんなで知りたい がん・肝(かん) のこと2024 」チラシ

基本情報

開催日時

令和6年6月22日(土曜日) 14時00分から16時10分 (講演会受付は14時15分から)

開催場所

岐阜県図書館 1階 多目的ホール

内容

1.ゲスト 原千晶氏による講演について

演題
  • 「大切にしたい自分の体 ~2度の子宮がんを経験して~」
原千晶氏のプロフィール
  • 1974年北海道生まれ
  • 1994年20歳の時に第21代クラリオンガールに選出され芸能界デビュー。以降、雑誌やTVを中心にタレント、女優として活動。
  • 2005年30歳の時に子宮頸がんと診断を受ける。
  • 2009年12月、35歳の時に再び子宮にがんが見つかり、2010年1月より手術、抗がん剤治療を受ける。
  • 2011年7月、自身のがんの経験をもとに婦人科がん患者会「よつばの会」を設立。
  • 現在は、がん啓発に関わるイベントや講演会に積極的に参加している。
  • 著書に「がんと私、明日の私、キレイな私」(光文社)がある。
  • JAAアロマコーディネーター協会名誉理事
  • 日本キャンサーアピアランスケア協会理事

2. 講座の日程について

14時15分から14時45分講演会受付

時間 内容
14時00分から16時00分 出張相談・バナースタンド展示
14時45分から15時00分

「国及び岐阜県のがん対策について ~行政と患者の立場から~」

丹藤昌治氏 岐阜県健康福祉部 部長

15時00分から15時45分

「大切にしたい自分の体 ~2度の子宮がんを経験して~」

原千晶氏 女優・タレント

15時45分から16時00分

トークセッション

原千晶氏(女優・タレント)・ 牧山明資先生(岐阜県がん情報センター長)・ 清水雅仁先生(岐阜大学医学部附属病院肝疾患診療支援センター長)

16時00分から16時10分 肝炎体操

定員

300名

参加費

無料・事前申し込み制

申込方法

「ぎふがんねっと」(岐阜県がん情報センター)|外部サイト の専用フォームより、お申込みいただけます。

申込期間

5月7日(火曜日)から6月20日(木曜日)

※申込期間を延長しました。

主催

岐阜県、岐阜県図書館、岐阜大学医学部附属病院肝疾患診療支援センター、岐阜県がん情報センター

後援

岐阜大学医学部附属病院がんセンター

問い合わせ先

岐阜県がん情報センター(岐阜大学医学部附属病院内)

電話058-230-7342(平日9時から16時)