活動内容

視覚障がいをもつ方にも図書館を活用していただけるよう、資料の音訳(文字・図などを音声に変換)に関する活動をしています。

視覚障がい者サービス協力者写真

視覚障がいをもつ方の誘導

図書館にこられた視覚障がいをもつ方をご案内します。

対面読書

そのままの状態では、資料を活用できない方のために、ご希望の資料をお読みします。

利用者の依頼に応じたプライベート録音の作製

希望の資料が音訳されていない場合、音訳し貸し出します。(他の図書館等で音訳されているものは、お借りして貸し出します。)

録音図書作製

いろいろな資料を利用していただけるように、図書を音訳し、岐阜県図書館の蔵書として登録します。

図書館発行物(「声の図書館だより」など)の音訳

図書館からのお知らせなどを音訳し、利用者にお届けします。

研修会

月に1回程度、音訳技術向上のための研修会や自主勉強会を開催しています。

令和4年度の研修会報告

令和3年度の研修会報告

令和2年度の研修会報告

令和元年度の研修会報告

平成30年度の研修会報告

過去の研修

音訳講習会

DAISY研修会

パソコン録音講習会

活動するためには

当館主催の初級講座修了が必要です。

※現在募集はしておりません。

録音図書作成の手順

お問い合わせ

調査相談係(障がい者サービス担当)(内線331)
e-mail:braille@library.pref.gifu.jp