関ヶ原合戦、明智光秀など岐阜県に関係した主題の軍記物などを集めています。

明智軍記

明智光秀の一代の事跡を記した軍記物語。いくつかの刊本が現存するが、当館で所蔵している刊本は、刊行年月日は「元禄十五壬午歳八月吉旦」、版元は「藤井文政堂 皇都書林山城屋佐兵衛」と記されている。光秀の美濃脱出から山崎の合戦後の死、一族の滅亡までを記しており、史料としての評価はさまざまだが、他では見られない記述も多いため、しばしば参照される。

江濃記

遠山由来記

著者・成立年不明。岩村城主・遠山氏のほか、岩村藩の丹羽氏、松平氏の家史、系図を収録。

高須旧記

戦国時代からの高須の領主の事跡を収録。

関ケ原軍記大全

関ヶ原合戦を扱った軍記物の一つ。江戸時代中ごろの軍記作者・田丸常山の著とされる。成立年は不明だが、序文には関ヶ原合戦からおよそ120年という意味の文言があるため、享保5年(1720年)頃のものか。豊臣秀吉の死から関ヶ原合戦にいたる経緯、合戦の様子と戦後処理までを記している。

参考関ケ原軍記

野村東山著・高屋正期写。関ヶ原合戦の軍記物から美濃に関する部分を抜粋したもの。

慶長記

著者・成立年不明 明治初写 同じ「慶長記」と称する関ケ原合戦を描いた軍記のなかでも、本書は西軍系の筆写による特異なものとされている。

武鑑要略慶長軍記

著者・成立年不明 明治初写 関ヶ原合戦の軍記。

土岐斎藤軍記

濃州岐阜城攻並落城記

著者・刊年不明。関ヶ原合戦時の岐阜城攻めを描いた軍記物。

濃州兼山記

著者・刊年不明。兼山(現可児市兼山町)の城主だった「鬼武蔵」森長可を中心とする軍記。森家の来歴から長可の活躍、小牧・長久手の合戦までを描く。

美濃古城由来

著者・刊年不明。美濃の各状の城主や由来、土岐氏の事跡などを収める。

美濃国土岐斎藤略軍記

著者・刊年不明。「土岐斎藤軍記」の異本。

南北山城軍記

山本館里著 延享4年(1747)成立 永禄8年の堂洞城、加治田城の合戦を描いた軍記。

土岐軍記

著者・成立年不明 明治初写 先頭部分を欠く。本文がほぼ同一のものに、当館所蔵「土岐記」(大正4年(1915)写、内題の下に「南泉寺蔵」と記載)がある。

東遷基業

佐久間健撰 明治初写 水戸藩士による徳川家康の一代記。関ヶ原合戦に関する第17巻のみ所蔵。

美濃国風土記

明治初写 内容は「土岐齋藤軍記」や「船田戦記」と重複する。