明治以降の岐阜県の様子を伝える資料、県出身者の著作です。

羽島郡案内

羽島郡役所編・1926年刊。現在の羽島市と旧羽島郡(現羽島郡の岐南町・笠松町、岐阜市柳津町、各務原市川島町)について、各村の概況や産業、統計などを収録している。

海津郡要覧

海津郡役所編・1923年刊。現在の海津市について、各村の概況や産業、統計などを収録している。

斐太乃路芝

岐阜県山村会大野益田吉城郡支部編・1906年刊。 益田郡、大野郡、吉城郡について、各村の概況を収録している。

坪井竹類図譜

坪井伊助著・1916年刊。「竹林翁」と称された池田町出身の庄屋・坪井伊助による竹類図鑑。図版は石版の彩色刷りで美しく、詳細な解説が付されている。

桜花図譜

三好学著・1921年刊。「桜ノ博士」として有名だった岩村町出身の植物学者・三好学が大正9年にまとめた桜の彩色図譜。桜の品種118種を木版彩色刷りで記している。

美濃紙抄製図説

岐阜県勧業課編・1880年刊。美濃和紙の製法を描いたもの。明治の刊行だが江戸時代の製法をそのままに伝える。

岐阜県写真帖

1909年刊。当時の皇太子(後の大正天皇)が岐阜県に行啓した際に作られた写真集。県の施設・産業・名所などが紹介されている。

岐阜県副業写真帖

岐阜県副業紹介所編・1935年刊。農家の副業経営の参考として出されたもの。昭和初期の県産業を知ることができる。

運材図会

富田礼彦著・1917年刊。飛騨の材木を伐採し、木曽川を利用して運ぶ様子やを描いたもの。文は富田礼彦、絵は松村梅宰(寛一)による。嘉永7年(1854)に成立、大正6年(1917)に高山町の住伊書店から刊行された。

美濃奇観

三浦千春著・1880年刊。長良川の鵜飼、養老の滝などの観光名所を紹介。

The pressed specimens of butterflies and moths(蝶蛾鱗粉転写標本)

鱗粉転写法は蝶や蛾から糊を使って直接鱗粉を写し取り、胴体部分を描くという標本製作術。18世紀のフランスで実践されていた。国内では昆虫研究家名和靖が名和昆虫研究所で工芸部を設けて研究開発した。本書はその技法を用いて作成されており、鱗粉をそのまま写し取った標本は美術品に近く、貴重な資料である。

飛驒国古跡考

岐阜県編 明治初稿 「飛州軍覧記」及び明治9年の飛騨国各村正副戸長の報告をもとに、岐阜県により編集された地誌。飛騨の国府、城砦舘宅、戦場について記す。

美濃国郡沿革考

明治期岐阜県庁旧蔵文書 明治11年(1878)稿 美濃国内の郡の変遷をまとめたもの。

濃飛名区略志

[神谷簡斎著] 明治初期  美濃飛騨の名区・形勝について、写真とともに由来と現況を記したもの。

岐阜県管内美濃国飛騨国村町沿革録

[岐阜県]史誌編纂掛 明治11年1月調査 大区小区制における各区ごとの村町の一覧。

管内区画国郡町村明細記

岐阜県第一課 明治9年 大区小区制における各区ごとの村町の一覧等。明治11年以降の内容も含む。

江濃地震報告

岐阜県岐阜測候所編・発行 明治42年(1901)8月14日に発生した「江濃地震」(姉川地震)に関する報告書。

上有知志草

阿部直輔稿 明治16年(1883) 明治27年西部賢三写 武儀郡長を務めた阿部直輔による上有知(現・美濃市中心部)の地誌。阿部直輔は元尾張藩士、のち岐阜県官員として活躍。尾張藩の通史「尾藩世紀」のほか、数多くの地誌等をまとめた。

岐阜県下震災景況

明治24年10月24日の濃尾震災直後に作成された報告書のうちの一つ。本文、附図4枚、明治24年11月19日付の災害一覧表2枚で構成される。この他、岐阜県図書館には附表等の異なる複数の報告書が所蔵されており、岐阜県郷土資料研究協議会により合冊復刻されている。

木曽川改修工事

内務省土木局 大正8年(1919)  明治20年度から大正元年度にかけて行われた木曽三川下流改修工事について記した資料。